オートリースの種類

ファイナンスリースとメンテナンスリースの違い

①車両代金に、税金・保険関係費用のみをリース料に組入れ、車の維持管理に要する費用は、ご利用者が負担するリース方式です。

②当社の機能は、ご使用者の金融負担を肩代わりする点にあり、言葉をかえますと、金融的性格が強いリース方式です。

③まとまった購入資金も固定化しません。

④月々のリース料は全額損金扱いになります。

①ファイナンス・リースに点検整備・一般修理・車検整備・事故修理など、車の 維持管理に伴う一切の費用を組入れたリースです。

②別名サービスリースといわれ、企業の車両管理義務が大幅に省力化されることから、いまリース契約の大部分を占め、主流となっています。

それぞれのリースに含まれるサービス

サービス項目 ファイナンス
リース
メンテナンス
リース
車両・特別仕様・付属品
登録諸費用・取得税・自動車税・重量税の納付・支払い
自賠責保険の付保・支払い
任意保険の付保・支払い
車検、定期(法定)点検、スケジュール点検および故障修理  
タイヤ・バッテリー・オイル・その他消耗品の交換
代車提供(車検や整備に48時間以上要する場合)※特殊車両をのぞく  

自社購入仕様とリースの違い

自社購入使用とリース使用の主な違いは以下の通りです。

  購入使用 リース使用
車両代金 購入代金として支出 リース料として毎月支出
諸税・保険料 経費として発生の都度支払 月額リース料に含まれる。
(自動車税を除き自社負担も可能)
所有権 お客様 リース会社
経費処理 固定資産として計上し、減価償却 全額損金処理
維持管理 すべて使用者が行う。
保有台数が多い場合は、管理担当者が必要。
メンテナンスリース契約の場合、リース会社がすべての管理業務を行う。
(ファイナンスの場合、自社負担)
買替・廃棄処分 売却交渉、処分手続、固定資産処理、売却損益計上を使用者が行う。 リース会社に車両を返却するだけ